南部鮭加工研究会

南部鮭冷燻って? ~それは、森と川と海の贈り物なのです。~

画像

画像

画像

画像

画像

画像



事業者のこだわり

冷燻とは?

nanbusake2-1

燻製には、冷燻、温燻、熱燻があり、25℃以下で燻すものを冷燻といいます。
広葉樹(ナラ、ケヤキ、クリ、シラカバ等)の煙を25℃以下まで温度をコントロールし、1週間~1ヶ月間燻し続けます。さらに燻した後、筵(むしろ)に包んでゆっくり寝かせることによって、うまみを引き出して完成です。
この製法は、膨大な手間と煙の温度を下げるのに必要な極寒の環境が揃わないとできない、大変希少な製法です。
鮭の身に火を通さず燻製にできるため、パサつかず、しっとり仕上がります。
また1週間以上燻し続けるため、適度に水分が抜け、生ハムのような食感を味わうことができます。

 

鮭冷燻の原材料は鮭と塩だけ。安心安全を召し上がれ。

燻製12

使用する鮭は地元で水揚げされる、川の遡上に備えた鮭。
赤い模様が浮き出て、その体色からブナ毛と呼ばています。脂は落ちるものの、臭みがなく、海にいる時に比べて5倍ほどにも厚みを増した皮で旨味を閉じ込めることができるなど加工に適しています。
こだわりは塩にも。ミネラル豊富な岩塩を使用し、うまみを引き出します。

日本全体の鮭の流通の7~8割は、養殖のサーモンが占めています。
脂がのったサーモンですが、養殖の過程や餌となる飼料など問題点も指摘されています。
近年、ヨーロッパでもオーガニックな食材を見直そうという機運が高まり、オホーツク海やベーリング海を回遊してきた天然の鮭はオーガニックな食材として扱われています。
そういった中で、地元で揚がる身近な存在であった鮭も見直される時期に来ていると感じています。

事業者メッセージ

佐々木信男さん横顔(佐々咲信男)20140227

お刺身のようなスモークサーモンと違い、身がしっかりとしています。
チーズやワインと合わせても負けない強い香りが特徴です。
色々な食べ方、使い方に合わせて形状を変えて取り揃えています。
お好きな用途に合わせてお使いください。

冷燻の他にも、鮭トバや鮭の背わたを使用した「女奮(めふん)」も製造販売しております。
女奮の熱烈な女性ファン、女奮姫(めふんひめ)も全国で急増中です!!



販売場所

佐々由商店、まがりや.net、銀河プラザ、
その他電話、FAX、インターネットなどでご注文承ります。



南部鮭加工研究会

鮭冷燻 「南部鮭燻す(いぶす)」

価格540円~
内容量ケズリ・スライス・チップス・小枝・ブロック・三枚おろし・一本物等ございます。
生産時期冷蔵4か月 常温で検査中



電話番号 : 0193-62-6287
FAX番号 : 0193-62-6287